その他

原発性胆汁性胆管炎

原発性胆汁性胆管炎(PBC)とは、中年女性に多く見られる肝臓内の細い胆管が体内の免疫によって破壊されてしまう自己免疫疾患です。胆管が破壊されたことにより胆汁の流れがうっ滞し、炎症や肝硬変へと進行します。

自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎(AIH)とは、中年以降の女性に多く発症する慢性肝炎で、何らかの原因により自らの肝細胞を体内の免疫が破壊してしまう自己免疫疾患です。血中のガンマグロブリンやIgG値の上昇、自己抗体の出現などが特徴です。