スコアリングシステム

主に血液などの生化学検査データを組み合わせて、精度を高めて評価するための手法です。血液検査は、肝臓以外の要素や目的外の要素が影響する可能性があるため、複数の項目を組み合わせたスコアリングシステムを用いることで、それらの可能性を少なくしています。

検査値名 検査種類 説明 基準値
Fib-4 index
Fib4 indexの計算
肝機能検査

Fib-4 index(フィブフォー・インデックス) とは、C型肝炎の肝線維化を予測するスコアです。AST、ALT、血小板数、年齢の4項目を組み合わせて計算し、得られた数値から線維化の進展度合いを評価します。

最近ではNASHなどの他の肝疾患にも転用されており、脂肪肝の方においてFIB-4 indexを指標とし、肝線維化の進展例を早期に発見することが、NAFLD患者の経過観察において重要と考えられています。

低値:1.3以下
中間値:1.3~2.67
高値:2.67以上
APRI 肝機能検査

C型肝炎の肝線維化を予測するスコアです。

APRI(アプリ=aspartate aminotransferase to platelet ratio index)は、AST、ALT、血小板数を組み合わせて線維化の度合を評価します。

NAFIC score 肝機能検査

NAFLD(非アルコール性肝疾患)における肝線維化を予測するスコアです。

NAFIC score(ナフィックスコア)は、フェリチン、インシュリン、4型コラーゲン組み合わせて計算し、スコア化したものです。 2 点以上は NASH の可能性が高いとされています。

Child-Pugh分類 肝機能検査

肝硬変の重症度を判定するためのスコアです。

Child-Pugh(チャイルド・ピュー)分類では、肝硬変の重症度を肝性脳症、腹水、T-bil上昇、Alb・PTの値を組み合わせて3段階(グレード)に分類します。判定されたグレードによって、異なる治療法を行います。

※基準値は検査機関によって多少異なることがあります。

監修:虎の門病院 肝臓内科 医長 斎藤聡先生