アルコール性肝障害

アルコール性肝障害は、長期にわたるアルコールの過剰摂取によって起こる肝障害です。
日頃から飲酒量の多い人は、外見は痩せていても肝臓に脂肪が蓄積し、アルコール性肝障害の第一歩としてアルコール性脂肪肝を発症します。さらにアルコールの摂取を続けていくと肝障害が進み、アルコール性肝炎や肝硬変を発症します。日本人におけるアルコール性肝炎の患者は3万3千人と推計されており(2011年厚生労働省調査)、そのうちの約10~15%の人が肝硬変を発症します。