脂肪肝

脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝細胞に中性脂肪が蓄積した状態のことで、様々な肝障害を引き起こします。
食事で摂った脂質や糖質は小腸で吸収され、肝臓で脂肪酸やブドウ糖に分解され中性脂肪がつくられます。この中性脂肪は肝細胞の中に溜め込まれ、必要に応じてエネルギーとして用いられます。消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスがとれていればいいですが、運動不足の状態で脂質や糖質を摂りすぎると使用するエネルギーよりも中性脂肪の方が多くなり、肝細胞や皮下脂肪にどんどん溜まっていきます。この中性脂肪が肝細胞に30%以上たまった状態が脂肪肝です。

今や日本人の3人に1人が脂肪肝と言われており、肥満者の80%に脂肪肝がみられます。また、肥満体型ではない見た目がスリムな痩せ型の人にも脂肪肝がみられる場合があります。また、脂肪肝の多くはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と関係しており、脂質異常や動脈硬化、糖尿病の主要な原因にもなりうる可能性があります。

日本人の3人に1人が脂肪肝

原因

脂肪肝には、お酒の飲み過ぎが原因の「アルコール性脂肪肝」と、お酒を原因としない肥満や糖尿病、薬などを原因とする「非アルコール性脂肪肝」があります。

●アルコール性脂肪肝

お酒の飲み過ぎで肝臓に中性脂肪がたまり、アルコール性脂肪肝になることがあります。これはアルコールが分解される際に中性脂肪が合成されやすくなるからです。

●非アルコール性脂肪肝

お酒をほとんど飲んでいなくても、肥満や糖尿病により非アルコール性脂肪肝になることがあります。これは肥満や糖尿病になるとインスリンの働きが鈍くなり肝脂肪の燃焼が悪くなるため、中性脂肪がたまりやすくなるからです。

痩せ型の人でも、運動不足や栄養バランスの偏った食事、不規則な食事により体重がたった2~3キログラム増えただけでも、肝臓に中性脂肪が溜まることがあります。特に日本人は欧米人に比べて皮下脂肪に脂肪を十分に溜めておくことができないため、脂肪肝になりやすくなります。さらに極端な食事制限や急激なダイエットをした人も「低栄養性脂肪肝」になることがあります。

この他にも、ステロイド剤の服用、栄養障害による代謝異常、稀にですが妊娠を原因として脂肪肝となることもあります。

症状

脂肪肝初期には、ほとんど症状がありません。
沈黙の臓器といわれる肝臓は気づかないうちに肝機能が低下し、やがて肝炎を起こして肝硬変に進行することがあります。最近は特にお酒の飲み過ぎを原因としない非アルコール性脂肪肝から肝硬変になるNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)が増加しているため、手遅れになる前に早めに対処することが大切です。

NAFLD/NASHとは?