肝線維化

肝線維化とは、肝臓に慢性的に炎症が起こり、肝細胞の破壊と再生が繰り返されたダメージによって起こります。通常の肝臓であればダメージ部分を修復し再生しますが、繰り返し、または持続的にダメージを受けると肝細胞の修復がうまくいかず線維化が進行し、肝臓が硬くなります。そのまま線維化が進行していくと肝硬変になります。